まごころステージ代表 葵 金珠 トーク&コンサート

(人権、平和、虐待、教育、子育て支援)

 

 

【タイトル】

 

まごころステージ あおいちゃんの

うたって・かんじて・ゆめみるコンサート♪

 

 

【サブタイトル】

 

① 〜感じよう、音楽と笑顔のチカラ!ちがうみんなが一つになる喜び!〜

 

②  〜私の得意技は、悲しい涙もキラキラ笑顔に変えていくこと!〜

③  〜「本当の自分」との出会い それは幸せ・平和へと繋がる 〜

 

③  〜世界でいちばん要らない涙。いじめよ、さようなら〜

 

 

【主な話の内容】 

上記サブタイトルに合わせて、下記項目の中から重点的にお話する内容を選びます。話の中で効果的な歌を織り交ぜていきます。

スライドや絵を使って、目でもお楽しみいただけます。

 

 

<子ども(幼児〜小学生)向け>

 

■みんなちがって、みんないい。

  みんなちがうから、この世界に彩(いろどり)が生まれる”

 

『どんな色がすき』のお歌に合わせて、みんなそれぞれの好きな色を教えてね! 真っ白な画用紙に、何かが描かれていくよ!

 

 

■あなたの将来の夢はなに?

「好き」って気持ちを大切にしながら、もう一度将来の夢を描いてみよう。

 

 

 

■一人一人それぞれが、自分の人生の主役”

アニメやアニメソングには大切なメッセージがいっぱい!

それぞれ一人一人が自分の人生の主役になろう!

みんなでいっしょに歌って、ヒーロー、ヒロインになりきっちゃおう!

 

 

■「ともだち」って、なに?

「名前も住んでるところも知らないけど、ともだちだからまた会えるよね?」という5歳の男の子の言葉。

私自身のいじめに遭った経験談。

手話を使った歌をみんなで歌おう。

 

 

■「本当の勇気」って、なに?

まずは本当に自分の気持ちに素直になること。

それがあなたの本当の将来の夢? あなたは本当に、そのおともだちにいじわるしたい?

 

■あなたの周りを「ありがとう」でいっぱいにしよう

ありがとうの言葉や気持ちは、笑顔としあわせを運んでくる。

 

 

■音楽に合わせて、みんな一つになろう

私たちは、一つになれる! ちがうみんなが一つになるから、感動が生まれる!

 

 

<中高生・一般向け>

(上記子ども向けの内容も含めながら、葵の生い立ちの話をベースに)

 

■いじめの危険が潜むSNSによるやり取りの実例

中・高生の子どもたちから実際に受けた相談事例を元に、解決方法をみんなで考えてみましょう。

 

 

■さまざまな子どもたちとの出会い。それは宝物。

全国各地の子どもたちに歌を届ける中で、本当に色んなことを子どもたちから学ばせてもらっています。

 

 

■世間の「普通」に当てはまらないことだらけの私。

 そこから学び得た、目に見えない大切なもの“

 

在日コリアン3世、脳に障害のある父、日本語が上手く話せない母、機能不全家庭での生活、身体障害、精神障害…みんなと違うということによる、周りの人からの偏見、そして自分自身の心の葛藤に、幼い頃から苦悩し続けた経験と、その経験があったからこその“学び“。

 

①あなたの故郷はどこですか? 人と人との絆も、「故郷」というものも、ふれあうことで育まれていく”

「名前も住んでるところも知らないけど、ともだちだからまた会えるよね?」という5歳の男の子の言葉。

いじめに遭った経験談

 

②母は寂しかったんだ。 寂しさは人を時には鬼に変えてしまう“

③脳に障害のある父の驚きの行動に人生観が変わった。       等

 

 

 

■30歳を過ぎて本当の夢を目指し始めた私。

​ セルフプロデュースだからこそ叶った私の夢。

 

人生のどん底だった30歳、あることをきっかけに、“歌手になりたい“という幼い頃からの夢を目指すことになり、そこから私の人生は輝きだした。

想いは具現化する。なりたい自分のイメージを大きくふくらませて。ブレーキをかけないで。

 

 

■好きなこと=使命

好きなことを仕事に出来たら、どんどん社会や人の役に立ちたくなる!

■「本当の自分」と出会ってほしい

本当の自分とは? 本当の自分と出会うこと。それは幸せへの1番の近道。

​なぜなら、幸せとは…

 

 

■今、我が子に一番身につけてほしいものは、「想像力」

想像力は、創造力に繋がる。

自分の未来を思い描く想像力。相手の気持ちを理解する為に必要な想像力。

 

 

■命さえあれば、何度でもやりなおせる

何度も死のうと思ったからこそ、今、強く思うこと。そして、特に思春期の子どもたちに伝えたいこと…世界は広い。経験を積めば見える世界が広がる。だから諦めないで。何度でもやり直せる。命させあれば。どうか、命を大切にしてほしい”

 

 

■今、私たち大人が大きく変わるとき

子どもたちの未来は、誰一人欠けることなく本当の意味でのシアワセであってほしい。

その為に私たちが本気で取り組まなければならないこと。

 

 

上記のトーク、年齢層に合わせて

 

『世界に一つだけの花』、『どんな色がすき』、『私と小鳥と鈴と』、『にじ』、『翼をください』、『アニメソングメドレー』、『ふるさと』、『糸』、『手紙 〜拝啓15の君へ〜』、

『しあわせなら手をたたこう』、『上を向いて歩こう』、『聞きたいな(オリジナル)』、

『ともだち(オリジナル)』

 

などの歌を織り交ぜてお届けします。

© 2023 by Classical Musician.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-youtube